お嬢の子育て中心に!インコの楓様に癒されつつ…競馬、麻雀、釣り、ハンドメイド、韓国ドラマと日々多趣味走る、くまごろうのブログww
2017/11 | 123456789101112131415161718192021222324252627282930


■■■今まで見た韓国ドラマ感想まとめ■■■
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんばんわ。
お久しぶりですね〜ブログ放置プレイにも、ほどがあるかもねww

さて、金曜日なんですが、幼稚園お休みして、
うちの、お嬢さん点滴2本してきました。

先生の話では、「糖分補給」の点滴と、
風邪ぎみだったので「抗生剤」の入った点滴をしてくれたようです。


朝から、立てない、動けないので、
常に抱っこおんぶで移動…
病院まで汗だくで担いでww診察室までGOww

点滴が、ベットで休憩時間もいれて、
1時間半弱してたのか??

その間。この方↓↓
点滴上手にできたね〜♪とオモチャを選び、それを抱き。

でかいイビキで「ガーガー」かいて寝てるしww
安心するのにも、ほどがあるわ(;゚Д゚)!笑

DSC_0002.jpg

事の発端は…

昨日の夕ご飯を
「眠い、頭がおもい、くらくらするから食べれない…」
と言っていたので、

幼稚園でお昼寝してなかったり、
スイミングや体操教室も始まり疲れて、「眠いから食べれない」
だろうと判断して水分(お茶)だけとって寝てしまったんだけど。

どうも…様子がおかしくて。
その深夜3時頃から1時間おきに「お茶が飲みたい!」のループ(-_-;)

5時くらいには、一時期38.0度まで熱がでたけど、
朝には37.0度。


熱が微熱程度まで落ちたとしても、
どーにも様子がおかしくて!ヽ(´Д`;)ノ

立てない、動きが少ない。
なので、朝病院にって、
血液検査&尿検査をしてもらった結果。


「自家中毒」


…初めてきいたけどさww
あと、うちのお嬢さん自体が、
「自家中毒」になりやすい体質だと思いますよとのこと。
やりやすいこは、なりやすいそうよヽ(´Д`;)ノ

DSC_0013.jpg

【自家中毒とは】

参照→「自家中毒の治療と症状

「周期性嘔吐症」や「ケトン性嘔吐症」、
「アセトン血性周期性嘔吐症」などとも言われます。

自家中毒は、食中毒などによる病気ではありません。
自家中毒とは、通常では2~10歳の子どもがかかる周期性嘔吐症のような症状を指します。

自家中毒の原因は、諸説ありますがはっきりとした物理的、
確定的な原因はまだ分かっていません。
自家中毒にかかると、カゼをひいた時のようにだるく、食欲がなくなります。
そして、猛烈な吐き気が起こります。
突然、理由のわからない胸のムカツキが起こるなど、
周りから見ると発作のような症状が起こることもあります。

参照→「こどもの病気と闘う現役ママの体験談~子供の病気百科~

症状

 突然吐き始め、胃液・胆汁を吐き、
 ひどくなるとコーヒー残渣様の吐物を吐く。
 顔色は青くなってグッタリとして、顔つきは無欲状になり、
 ウトウトした状態になる。
 息がリンゴの腐ったような臭いがする。
 臍周囲の痛みや頭痛を伴うが、下痢はなく、
 便秘傾向がある

原因
 
 嘔吐・腹痛をおこす原因として
 アセトン(ケトン体)という物質が関係してくる
 体が飢餓状態になると血液中にこのアセトンという物質が増えてくる。
 そしてこのアセトンが悪い働き をするといわれている。

 何故?小児特に2歳から10歳くらいの子供にこの病気がおこるのか。
 それは エネルギー代謝に関する中枢の一つである大脳の
 視床下部や中脳の機能がこの年齢では最も不安定だからだ。

 そこへ精神的ストレス、疲れ、睡眠不足、 または風邪などの
 感染症が引き金となってこの病気が発症する。
 
 男子にやや多く、やせ型で、自律神経および情緒不安定な、
 神経質な子どもに起こりやすい。
 第一子、一人っ子、末っ子が多く、内気で感じやすく、
 いらだちやすい、引っ込み思案の反面言い出したらあとに引かない、
 といった性格の傾向にある子が疾患者に多く見られる。

DSC_0015.jpg

最後の文章の。
「いらだちやすい、引っ込み思案の反面言い出したらあとに引かない、
 といった性格の傾向にある子が疾患者に多く見られる。」
これ!すっごく、該当してるんだけどww(-_-;)

【診断と治療】

尿から「ケトン体」という物質がでていると自家中毒と診察されます。
治療は、エネルギー元である糖分と水分を補うこと。
あとは安静、睡眠。
ひどいときは、糖を含んだ液の静脈注射または点滴を行う。


検査において「尿検査」にて、
「ケトン体 3+」というのが出ていて、
かなり高い数値だそうで、
「この数値でまだ嘔吐してないの???」と先生もびっくりらしい。

確かに…(-_-;)
いつも熱がでると、もれなく「嘔吐」なお嬢さんが珍しく吐いてないや。
ん!いや、昨日の夜から食べてないせいもあるかも。


「血液検査」は、
「血糖」の値がギリギリ立ていられるラインには入ってるけど、
何故か全く立てない、うちのお嬢さん…(;^ω^)
でも少しでも数値がさがったら立てない数値に近いのと。




少し風邪ぎみもあって熱が出てるのではないかとの判断でした。
「自家中毒」では、熱はあまり出ないそう。

でも「白血球」の数値も高いので、
数日注意をしていて下さい!とのこと。


簡単な、対処法としては、
「夕食を食べれなかったら少しでも(チョコひとかけでも)甘いものを食べさせてること」
らしいです。それだけでも大分改善するそうです。

あとは、飴や飲み物などで糖分を多く摂るようにすることと、
吐くのが少なければ水分も多めに摂らせること。



DSC_0017.jpg

点滴終了して、そのままベット休憩少しして、
お会計のころには、自分でたてて、ジュース飲めるほど、回復!!

点滴にて糖分補給してもらったけど、
量が変わるだけで、ここまですぐに回復して顔色かわるなんて(;゚Д゚)!

名称未ger設定-1

吐き気止めは、よく嘔吐するこで、
前に貰った分があったので、

それ以外の薬を処方してもらいました。

名称未設,j,h定-1

病院のあと、そのまま金曜だったので幼稚園にて、
バック等を引き取りにいったけど、
幼稚園いったら…

何やら欠席電話したのにww連絡がいってなかったみたで(-_-;)
プチ捜索願い的な状態になってたww


そんなんで、元気になりすぎたし(;^ω^)
病み上がりなんで、そんなに外でフラフラ出来ないけど、
ちょっと「自家中毒」の原因が寂しいとかかも?しれないので、
今日一日、平日フラフラベタベタ存分に、甘えられてきたよ(苦笑

そのあとも、元気に↑クロネコごっこしとりましたww






ちょっと話が変わるけど…
子供の突然死、おもに「心筋炎」について少しネット記事を読んでたんだけど。

「抜粋」↓↓
心筋炎とは心臓の筋肉の炎症いって、
ほとんどの場合がウイルスによって起きている。

原因となるウイルスはコクサッキーウイルスと呼ばれるグループが
一番多いとされている。

多くの場合は、風邪様症状で始まり。
風邪にしては息切れが強く、咳も続くと思っているうちに動悸がしたり、
胸苦しくなったり、全身にむくみが出たりして、
おかしいと感じるところから病気が見つけられなければいけないのです。
診断の時期が命を左右する。

適切な時期に診断を誤り、間違った治療、投薬をされ奪われた、あの子たちの
悲劇を繰り返さないで下さい。
風邪だと思っていたのが息苦しくなったり、平に寝ているのが苦しくて座りこ
んでしまうような時には、風邪の治療とともに心臓は大丈夫か診てもらって下さい。


↑↑抜粋させて載せさせてもらったけど、

この時、自分が的確に判断できるものなのか?
普段一緒にいる親が一番に気づいて、すぐ病院などつれていけるか?
自分がその立場なら、どうなんだろうと思う。
あの時、こうしてればと…後悔することになるかもしれない。
きっと悔やんでも悔やみきれないかもしれない。
でも少しでも、このことを知っていて、早期に行動できるように覚えておきたい。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://damascena.blog80.fc2.com/tb.php/1445-97987f25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。